バレエのアティチュードの柔軟性がハイスペック・ストレッチにより脅威の変化!

バレエのアティチュード対応のハイスペック・ストレッチによる柔軟性向上の効果です(о´∀`о)

アティチュードはアンディオールが強く入り、尚且つ膝を曲げた状態で脚を上げ腰・背中が立っているので腰・お尻・モモの筋肉が硬く寄り合い、ブレーキが掛かりやすく簡単にはパフォーマンスは向上しませんが、

アティチュード対応のハイスペック・ストレッチにより、アティチュードの時に使われて硬くなる筋肉が奥までストレッチされた事により、

アティチュードの柔軟性が一気に向上しました(๑>◡<๑)

バレエを長年やられると、レッスンで筋肉は酷使され、レッスンで硬くした筋肉をレッスン後にご自宅でストレッチし、リセットする事は簡単ではありませんし、

充分なお時間が必要になりますので、大変な苦労があり睡眠時間が削られる為にストレッチを怠ると日に日に筋肉は硬くなっていきます(~_~;)

毎日レッスン後にストレッチが出来ていてもストレッチの質が悪いと筋肉は硬くなっていきます💦

ですからレッスン後にしっかりストレッチが出来ている方と出来ていない方では、かなりの差が付いてしまいます。。

バレエにおいて柔軟性の差は見え方が変わり表現力にも繋がるので、大変重要です(^^)

バランス&コンディショニングでは、そういったお悩みにご対応させて頂いておりますので、バレエの様々なお悩みは是非ともお任せください(๑>◡<๑)

心からお待ちしております✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です